エコ動画甲子園

エコ動画甲子園への応募方法

「一般部門」「企業別テーマ部門」とも、まずは制作する動画(30秒〜3分)の内容・狙い・制作方法などをまとめた「企画書」を作成・応募いただき、第一次審査を行います。その後、審査を通過した企画書の内容を「動画」にしていただきます。

応募について

まずは動画の「企画書」を制作する

このコンテストでは、環境への思いや環境をよりよくするアイデアなどを、各部門の「お題」や「テーマ」に即しながら、動画で表現してもらいます。その準備段階として、まずはどんな動画を作るのかを「企画書」にまとめてください。動画を通してどんなメッセージを伝えたいのか。そのためにどんな内容の動画を作るのか。制作チームやスケジュールはどうするか。下記の「企画書見本」などを参考に、こうしたことを分かりやすく記した企画書を作成してください。

企画書のスタイルは自由

「企画書の見本」や「企画書の基本テンプレート」は用意しましたが、企画書のスタイルはこの限りではありません。別のソフトを使用したものや手書きのものも可。読み手に自分たちの意図が伝わるよう、高校生らしい自由な発想でアレンジしていただいて構いません。応募の際は、企画書をPDF形式のデータにしてeメールでお送りください。

同じチームで複数作品の応募も可能!

同じチームあるいは個人が複数の企画案を思いついた場合、そのすべてを応募することが可能です。ただし、同一の企画書を二つの部門、あるいは複数の“テーマ”に応募することはできません。“お題”および“テーマ”ごとに異なる企画を考えてください。なお、制作チームは必ず事務局との窓口となる担当教諭を立て、教諭を通して応募してください。担当教諭は複数チームの兼任でも構いません。

「応募シート」はコチラ(Word)
「企画書の見本」はコチラ(PDF)
「企画書の基本テンプレート」はコチラ(PPT)

お題とテーマについて

「一般部門」の本年度のお題は
エコをもう一歩 前に進めるために できること

   

例えば

・いま取り組んでいるエコ活動の効果を検証するなど、普段の活動に一つ工夫を加えて作品化する

・環境によりよい影響を与えると考えられる行動を、ドラマ仕立てやアニメーションなどで紹介する

・環境改善についての自分の意見や思いを、バックミュージックなどで演出しながら訴える

・今のままの未来と望ましい行動を取った場合の未来を比較する

・音楽と写真や映像だけで、動画視聴者に地球環境問題への気づきを与える

など、どんな内容の動画を作成するかは自由。動画の内容やスタイル、制作体制がイメージできたら、それを「企画書」にまとめて応募してください。

「企業別テーマ部門」は、企業とテーマが決まり次第当サイトでお知らせします。(※初年度は実施しません)

審査について

「企画書」「動画」の審査基準は?

「エコ動画甲子園」では、企画書による第一次の審査と、動画による第二次審査および第三次審査を経て、入賞作品を決定します。審査で重視するのは主に下記の要素です。

   

①問題を見極め、解決策をさぐる「分析力」
環境をめぐる状況や問題点について、各部門の「お題」「テーマ」に即した形で理解し、問題を効果的に解決する策を考えているか。

   

②見た人が理解し、同意できる「説得力」
データや実際の光景といった論拠となる事実を挙げながら、見る人が理解し、納得し、同意できる構成で話を進めているか。

   

③人を「あっ」と言わせる「独創性」
自分なりの着眼点から問題をとらえ、独自の発想で新しい対策を考え、人まねではないインパクトのある表現で伝えているか。

   

④人を動かし、巻き込む「情熱」
企画書から応募者の環境に対する真摯な思いが伝わるか。動画から見た人の心を動かす、熱意やメッセージ性が感じられるか。

     

「最終審査」に携わる審査委員として、現状3名が決定しています。

藤村コノヱ

“環境×教育”のパイオニア
東京工業大学大学院博士後期課程修了。学術博士。NPO法人環境文明21代表理事、グリーン連合共同代表。現在、企業向けの環境教育活動をはじめ、「持続可能な環境文明社会」の普及や気候変動問題に関する政策提言活動など幅広く活躍。

森田正光

フリーお天気キャスターの元祖
日本気象協会を経て、1992年日本初のフリーのお天気キャスターとなり、民間気象会社として株式会社ウェザーマップを設立。親しみやすいキャラクターと個性的な気象解説で人気を集め、テレビや講演等で活躍。環境問題や異常気象の分析にも定評あり。

齊藤涼太郎

YouTuber Academy主宰
慶應義塾大学在学中の2016年にFULMA株式会社を創業。動画の企画・制作やICTリテラシーを教える日本初の小学生向け教育プログラム「YouTuber Academy」をリリース。「Forbes JAPAN」による“新しいイノベーション!日本の担い手99選”に選出。

応募の注意事項

応募全般について

  • 応募にあたっては、下記の3点を満たしている必要があります。
    • ① 2019年5月時点で、高等学校に在学する個人、または同じ高等学校に在学する生徒のチームであること。
    • ② 事務所への連絡窓口となる担当教員が存在すること。
    • ③ 応募企画書に沿って、期限内に動画の作成が可能であること。
  • 同一の個人またはチームから複数部門、テーマへの応募も可能です。ただし、同一作品による複数部門、テーマへの応募は認めません。

第一次(企画書)審査および書類の応募について

応募締切:2019年716日(火)

  • 第一次審査通過者・通過チームは、9月末日までに動画作品を制作し、フィルムで撮影した動画などはPC上で再生可能な所定の形式のデータにしてご提出ください。期日を過ぎた場合は失格となります。
  • 作品は、オリジナル・未発表(ただし学校内など限定的な発表は可)のものに限ります。長さは30秒〜3分とします。
  • 作品のスタイルは、実写、CG、アニメーション、カラー、モノクロなど自由です。
  • 音楽を使用する場合、「著作権フリー」「商用利用可能」なものを使用してください。著作権者の許可の有無が確認できない場合、失格となる可能性があります。
  • 作品に映り込んだ人物や店、動画内で使用した写真やイラストなどへの使用許可申請は、応募者サイドで行ってください(応募作品はすべて許諾許可済の作品として扱います。作品に関して、万が一法律上の問題が発生した場合は、その一切を応募者の責任および負担で解決するものとします)。
  • 撮影は、その土地のルールに従い、マナーに則って行ってください。
  • 提出された動画作品のなかから、第二次審査、最終審査を経て下記の入賞作品が決定します。最終審査結果ならびに入賞作品は、12月に公式サイトで発表いたします。第二次審査、最終審査の結果について、個別のお問い合わせには対応いたしかねますのでご了承ください。

表彰および入賞作品の取り扱いについて

  • 各部門につき以下の入賞作品を決定し、特典を授与します。
  •  
    【一般部門】
    「グランプリ」(1点)、活動奨励金10万円
    「準グランプリ」(1点)、活動奨励金5万円
    「企業特別賞」(任意)、当該協賛企業からの副賞
     
    【企業別テーマ部門(※初年度は実施しません)】
    「グランプリ」(1点)、活動奨励金10万円
    「企業別優秀賞」(各テーマ1点)、活動奨励金5万円 + 各協賛企業からの副賞
    「佳作」(各テーマ2点以内、任意)、活動奨励金1万円
  • 入賞作品(グランプリ・準グランプリ・企業特別賞・優秀賞・佳作)の使用権は、当コンテスト実行委員会に帰属します。各企業へは加工・編集も自由という条件で配布し、企業の宣伝広告等への活用も無償で行えるものとします。

お問い合わせ・事務局

「エコ動画甲子園」実行委員会(株式会社ラユニオン・パブリケーションズ内)
メールアドレス contact@ecodoga.jp
「エコ動画甲子園」特設サイトURL https://ecodoga.jp